www.archive-es-2014.com » ES » R » RAMEN

Choose link from "Titles, links and description words view":

Or switch to "Titles and links view".

    Archived pages: 4 . Archive date: 2014-10.

  • Title: 初心者向けFXガイド
    Descriptive info: .. FXって何?という初心者の方は、ぜひ初心者向けFXガイドをどうぞ。基本から解説します。.. 初心者向けFXガイド.. スワップ金利について.. 通貨ペアの選び方.. FX取引に関する知識.. FXなら伊藤忠グループのFXプライム.. 相互リンク.. FXとはなに?.. FXという言葉は最近ではテレビやインターネットなどで耳にするようになりました。しかし、一体FXとは何なのでしょうか?.. FXというのは、Foreign Exchangeの略で、日本語では外国為替証拠金取引といいます。一般的には外為などと略されたりします。.. FXというのは、ドルや円やユーロなどの通貨を売ったり買ったりして、それによって利益得ようとする取引のことを指すわけです。.. 円やドルやユーロをお互いに交換するとき、交換比率を為替レートといいます。為替レートは、金利や経済指標の動向、政治の動向など、様々な要因によって日々刻々と変動します。.. そして、その変動を予測し、例えばこれから米ドルが値上がりしそうだと予測したら、米ドルを買っておく、日本円が上がりそうだと思った日本円を買っておく、そしてうまくいけば値上がりして利益を得るのがFXなのです。.. 円高と円安.. 為替レートが1ドル=80円の時、1ドルを買うのに80円が必要です。しかし、1ドル=70円の時ならば、70円で1ドル買えます。このように「ドルを安く買える」=「円の価値が上がる」ことを円高と呼びます。.. その反対に、1ドル=90円になったとすると、90円なければ1ドルが買えません。つまり、円の価値が下がってしまった(円安)のです。.. 為替差益と為替差損.. 例えば、1ドル=90円の時に米ドルを買い、円安が進んで1ドル=100円になった時に売るとすると、その差の10円が儲けになります。これを「為替差益」いいます。.. 逆に、1ドル=90円の時に米ドルを買い、その後円高が進んで1ドル=80円になってしますと、その差の10円、損をしてしまいます。これを「為替差損」といいます。.. FXの特徴として、売りから始めることができます。つまり、ドルを「買ってから売る」ことも「売ってから買う」こともできます。つまり、ドルが高くなりそうだったら、ドルを買っておき、値上がりしてから売ればいいし、ぎゃくにドルが値下がりしそうだったら、ドルを売っておき、値下がりしてから買えばいいのです。.. Copyright 2012 初心者向けFXガイド All Rights Reserved..

    Original link path: /
    Open archive

  • Title: スワップ金利について
    Descriptive info: スワップ金利についての解説。FXって何?という初心者の方は、ぜひ初心者向けFXガイドをどうぞ。基本から解説します。.. FX初心者のためのFXガイド.. スワップ金利とは?.. これからFXを始めようという方の中には、スワップ金利(スワップポイント)という言葉、始めて聞いた方もいるかもしれません。.. しかし、スワップ金利というのは、まさにFXの大きな特徴の一つです。.. 2つの通貨の金利差が「スワップ金利」.. 日本では、バブルが崩壊して以来、長期にわたって超低金利政策をとっています。しかし、海外では、5%ほどの政策金利をとっている国もあるのです。つまり、国ごとに金利が違うのです。.. その金利の差のことを「スワップ金利」といいます。例えば、日本円で米ドルを購入すると、米ドルの金利を受け取ることができます。その一方、日本円の金利を支払わなければいけません。もし、日本円が0.. 1%、米ドルが2%とすると、2%-0.. 1%=1.. 9%ですので、1.. 9%の金利を受け取ることができます。.. その反対に、ドルを売って円を買った場合、1.. 9%分のスワップ金利を支払う必要があります。.. スワップ金利まとめ.. つまり、低金利通貨で高金利通貨を買ったばあい、その金利差をスワップ金利として受け取ることができ、高金利通貨で低金利通貨を買うと、その金利差をスワップ金利として支払わないといけないということです。..

    Original link path: /swap.html
    Open archive

  • Title: 通貨ペアの選び方
    Descriptive info: 通貨ペアの選び方。短期売買と長期保有では、通貨の選び方も違います。初心者の方は、ぜひ初心者向けFXガイドをどうぞ。基本から解説します。.. 短期取引向けの通貨ペア.. FXでは、様々な通貨ペアでの取引が可能です。その中で、短期取引で人気なのは米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円といった通貨ペアです。.. 米国ドルは、基軸通貨です。つまり、世界で最も多く取引されているわけです。そのため、流動性が高く、スプレッドが狭いのが大きな特徴です。つまり、取引コストが低く済むわけで、何度も取引を繰り返す短期売買に向いています。.. さらに、米ドルは基軸通貨であるために情報量が多く、取引している人の数も多いため、初心者はまずドル/円が基本となります。ドル/円の為替レートは、ニュースなどでも毎日見られるため、身近であり、値動きを予測しやすいこともあるのかもしれません。.. ユーロ/円やユーロ/ドルもおすすめ.. ユーロは、第2の基軸通貨といわれています。取引量も米ドルに次いで世界で2番目です。そのため、ドルに次いで流動性が高く、取引コストも低い場合が多いです。また、世界で最も取引量が多い通貨ペアは米ドル/ユーロです。ドルとユーロは反対の動きをすることが多く、ドルが買われるときはユーロが売られやすい傾向があり、ユーロ/ドルの値動きは予測しやすいといわれます。.. ポンドはリスク大きめ.. ドル、ユーロに次いで取引されるポンドですが、ポンドは実はそれほど初心者向きではありません。ポンドは投機的な取引が多く、値動きが激しくなる傾向があります。そのため、リターンも大きいのですがリスクも大きくなりがちです。.. 長期取引向けの通貨ペア.. スワップ金利を狙うような、長期的な取引で人気なのは、やはり金利が高いオーストラリアドル/円、ニュージーランドドル/円、南アフリカランド/円といったペアになります。.. その中で、豪ドルやNZランドドルは比較的安定していて値動きも限られているのでいいのですが、南アフリカランドは、どうしてもリスクは大きくなります。.. スワップ金利が高いとは言え、為替の変動によって損失が出てしまうことも多いので、為替差益を中心に考え、あくまでスワップポイントはおまけ程度に考えることをおすすめします。..

    Original link path: /tuka.html
    Open archive
  •  

  • Title: FX取引に関する知識
    Descriptive info: FXの商品知識や、外国為替市場に関する知識は、FXを始める上で必ず身につけなければいけない知識です。.. FXの取引に関する知識について.. FXを始める前に、FX取引に関する知識を身につける必要があります。そして、FX取引に関する知識の中には、FXの仕組みといった「商品に関する知識」と「外国為替市場に関する知識」があります。.. 商品に関する知識は絶対必要.. FXの商品に関する知識は絶対に必要です。しかし、FXというものは、商品そのものは特別に難しいものではないのです。あくまで、リスクというものをしっかりと認識すること、取引時間などを知ること、スワップ金利というもの、レバレッジというもの、そういった基本を知ることが大事なのです。.. 実際の取引では、何かしら疑問点が出てきたら、取引しているFX会社に直接電話で質問することをおすすめします。かならず疑問が解決してから取引をするようにしてください。.. 特に、FXのリスクについては、軽く考えてしまって、実際に取引して始めてそのリスクの大きさを実感する人もいますので、しっかりと理解をしてからFXを始めるようにしてください。.. 自分で壁をつくってしまわない.. また、良くあるパターンが、頭ではわかっているけれども実践できないケースです。円が絡まない外貨同士(ユーロ/ドルやポンド/ドルなど)の組み合わせには抵抗があったり、売りから取引できるとわかっていてもなぜか買いからしか取引をしない人などがいます。.. 自分で壁をつくってしまうようなケースです。このような場合は、チャンスを逃してしまうことになってしまいます。変に壁をつくることなく、知識を生かすようにしましょう。..

    Original link path: /knowledge.html
    Open archive



  •  


    Archived pages: 4